【ブラッククローバー】悪魔の強さや言霊魔法についてまとめてみた!

漫画【ブラッククローバー】のエルフ編で突如登場したキャラクターの悪魔。

極悪でありながら計算高い強敵としてアスタ達に立ちふさがる悪魔ですが強さが異常です。

今回はそんな悪魔について強さや言霊魔法をまとめてみました。

 

ブラッククローバーの悪魔

笑い方が「ンッンッンッンッ

エルフ編で突如登場したキャラクター。禁術により現代の魔法騎士たちに転生することができたエルフ達であるがエルフのロンネという人物の中に隠れていた存在。

登場するやいなやライアを半殺しにする致命傷を負わせパトリに真実を話すことで絶望に叩き落すことでパトリのグリモワールを五つ葉の黒いグリモワールに変換させて奪った。

 

性格は冷静かつ非情であり悪役としてふさわしい口調で話す。エルフと人間の因縁の全ての黒幕的キャラクターであるため頭が良い。

 

パトリを復活させ利用した本人

エルフ族のパトリはこれまで白夜の魔眼の頭首リヒトとしてエルフを現代に復活させるために活動し500年前に人間に滅ぼされたエルフ族として恨み今度は逆に人間を滅ぼすために生きてきました。

パトリは自分を復活させてくれたのはリーダーのリヒトであり使命だと感じ活動していましたが実はパトリを復活させたのは悪魔

 

悪魔は500年前に人間をたぶらかすことでエルフ族を根絶やしにするように仕向けパトリを復活させたことで再び人間とエルフが戦い合う構図を作った黒幕的キャラクターなのであります。

 

現代の受肉と五つ葉のグリモワール入手が目的

悪魔は500年前は霧のような存在でありました。なので悪魔の目的は現代でも活動できる肉体と悪魔が使えるグリモワールである五つ葉のグリモワールの二つの入手

 

五つ葉のグリモワールは四つ葉のグリモワールの持ち主が絶望に叩き落とされることで変化するグリモワール。かつて500年前にリヒトが持っていた四つ葉のグリモワールをエルフ族と妻ティティアを殺害することで五つ葉のグリモワールに変えることに成功しました。

 

しかし当時の魔法帝の従者であるセクレに五つ葉のグリモワールの入手阻止と禁術による強力な封印魔法を受けてしまったことで封印が解ける現代まで動くことができませんでした。

なので封印が解けた時のためにパトリを転生させておいて悪魔自身が肉体と五つ葉のグリモワールの入手しやすいようにこれまでずっとパトリを利用していた存在なのです。

 

悪魔の強さをまとめてみた

悪魔の強さがわかりそうなシーンをまとめてみました。

 

五つ葉のグリモワールの使い手

悪魔はパトリに自分が黒幕でありパトリはエルフ族のリーダーリヒトが望まない禁術の使用と人間への復讐をしてしまったという真実を告げることでパトリはこれまでの行動が間違っていたという絶望を与えることに成功しパトリの四つ葉のグリモワールを五つ葉に変えることに成功しました。

 

悪魔の魔法を使うには五つ葉のグリモワールがどうやら必要らしく”あちら”の魔法を使うことができるようになる。逆に言霊魔法はグリモワールが必要なくとも使用可能。

 

言霊魔法の使い手

悪魔の魔法属性言霊魔法。悪魔が口にした事象を現実にするというチート的な性能でありしゃべるだけで発動するので構えなどが要らない。

 

・こっちへ来なさい

悪魔の近くに瞬間移動させられてしまう

 

・消えなさい

相手の撃った魔法が消える

 

・刃の嵐

魔法の刃と現実の刃の両方で攻撃する魔法。反魔法を持つアスタでも現実の刃はちゃんとはじかなければならない。

 

・潰れなさい

相手にかかっている重力をさらに強くする魔法。体が重くなるので立てなくなる。

 

・真空の壁

悪魔の目の前に見えない壁を出現させて魔法をガードする。

 

・治りなさい

肉体が全くない状態からでも完全回復する魔法。チーツ!

 

ただヤミはムチャクチャでチート的な魔法ではあるが直接「死ね」と命令しないのを見る限り何かしらの条件があるとのこと。

言霊魔法の条件などはまだ不明です。

 

”あちら”の魔法を使う

悪魔は言霊魔法とは別に悪魔が”あちら”の世界と呼んでいる魔法を現代で使うことが可能。見た目も邪悪で凶悪であり普通の魔法では防ぐことができないデタラメな魔法。

普通の魔法騎士は触れると魔力を吸われて体が腐ってしまう。なおアスタは直撃しても平気。

 

名前が不明であり悪魔のこの魔法を防ぐことができるのはエルフのリーダーリヒトと初代魔法帝ルミエルの魔法のみ。通常の魔法はたちうちできないが絶望に叩き落された時に発動できたダークネスな力が入ったパトリの光魔法も対抗可能。

また何故か闇属性魔法も悪魔の魔法に対抗可能。

 

通常の魔法ではダメージを与えることができない

”あちら”の魔法と同じように悪魔の体も通常の魔法では全くダメージを与えることができないリヒトでも初代魔法帝の魔法はダメージを与えることは少しなら可能であるがすぐに「治りなさい」回復されてしまう。

 

アスタの反魔法とヤミの闇属性魔法であれば結構なダメージを与えることができるが致命傷ほどのダメージを与えるのが難しいので悪魔の心臓が露出した状況で一撃を入れなければならない。

 

登場キャラの中で一番魔力量が多い

これまで魔力が多いキャラクターがたくさん登場したブラッククローバーですが現状魔力量ナンバー1は悪魔。

言霊魔法はチート的な効果であるため魔力量も消費が激しいと思われますが悪魔の魔力量であるならば長期戦でも魔力が切れることが無いとヤミは分析していました。

 

現状最強キャラ?

通常魔法が効かない、効いてもすぐに回復ということで悪魔はリヒト、初代魔法帝ルミエル、セクレ、パトリ、アスタ、ユノの1VS6の構図でも圧倒します。

ダメージをまともに与えることができるのはアスタだけでありますが悪魔はアスタ1人なら言霊魔法で十分対応が可能。

 

この防御力とチート魔法により現状悪魔はブラッククローバー中でも最強キャラクターでしょうね。