【ブラッククローバー】ヘンリーの黒の暴牛号や声優、病気についてもまとめてみた

漫画【ブラッククローバー】の黒の暴牛メンバーの1人であるヘンリー。

ヘンリーは組み換え魔法の使い手であり黒の暴牛のアジトを変形さえて戦うキャラクターでありますがその魔法がヤバすぎる!実質最強なのでは?というほどの強さを持っています。

 

今回はそんなヘンリーについて紹介してみました。

 

【ブラッククローバー】ヘンリーの黒の暴牛号!組換魔法まとめ

アジトをロボットに変える組換魔法

ヘンリーが登場したのは白夜の魔眼ラデス、サリー、ヴァルドスが黒の暴牛アジトを襲った時。

ラデスは元魔法騎士団団長を二人混ぜたゾンビ「ミカエルカエサル」により居残り組であったゴードン、グレイ、ゴーシュを圧倒。

 

そんなピンチに駆けつけたのがヘンリー。

ヘンリーの魔法は組み換え魔法でありアジトを変形させ巨大ロボットのように戦わせることが可能。

 

大きいアジトを動かすには大量の魔力が必要でありましたがヘンリーは自前の病気によりみんなからあらかじめ魔力をもらっていたためアジトを自由に動かすことができるのだ。

 

黒の暴牛号は破壊力が段違い

ヘンリーの組み換え魔法で作ったアジトロボットの名前は黒の暴牛号。

元魔法騎士団団長のゾンビであるミカエルカエサルをたった2撃で戦闘不能にした。

幸いミカエルカエサルはゾンビであるため痛みを感じないように作られているが3発も喰らってしまえばコナゴナになってしまうとサリーはその破壊力を分析。

 

戦い方は見た目通り単純でありその巨体を利用してねじ伏せるスタイル。

 

・マナコークスクリュー

腕を回転させて殴る。生身の人間が喰らったら大変だ。

 

・ロケットパンチ

名前の通り腕を飛ばす。

 

仲間との連携が最強すぎる

ヘンリーの黒の暴牛号は単純なパンチだけでなく味方との連携攻撃が可能になっている。

 

・黒の暴牛号 大砲

黒の暴牛号の中には大砲が備わっており魔力を溜めて大砲に砲弾の要領で入れることでさらにその威力を強化して放つ。

 

・アスタキャノン

アスタが大砲に入った形。ただ単純にアスタが勢いよく飛んでいく。

 

・チャーミーの食事+バネッサの運命の赤い糸+黒の暴牛号

ブラッククローバー中でも最強のコンボ。

ヘンリーの魔力は多いがさすがに黒の暴牛号として長い間戦うことができない。しかしチャーミーの魔力回復料理により半永久的に黒の暴牛号を動かすことが可能でありさらにバネッサによる運命の赤い糸で攻撃をずっとかわすことが可能。

 

もちろんバネッサもチャーミーの食事で魔力が回復する。チャーミーの食事の材料がなくなるまで無敵の存在となっている。

 

圧倒的な魔力をほこるエルフ族が何人かかってこようが攻撃を当てることができないので最強なのである。

 

他黒の暴牛号の変形形態

・黒の暴牛号猛進スタイル

移動用の魔法。黒の暴牛メンバー全員をのせて移動が可能。

おそらく箒にのって空を飛ぶよりも速いと思われる。

 

・ミラーミニ暴牛号

エルフ化したゴーシュ&マリーとの戦いで使ったヘンリーの魔法。チャーミーがいなくなってしまったため魔力が足りなくなり黒の暴牛号を作れなくなってしまったヘンリー。

なので小型化させて飛行機のように飛ぶミニ暴牛号で戦った。

 

ミラーであるのはグレイがマジックコンバートにより暴牛号の素材を鏡に変えたからである。

 

ヘンリーの声優

ヘンリーの声優を担当しているのは斎賀みつきさん。

女性でありながら低音ボイスのイケメン声が出せる方であるためクールな男キャラクターの担当が多め。

 

ヘンリーというキャラクターについてみつきさんは

台本を見た時、独特なテンポに少々戸惑いましたが、いざ喋り始めるとヘンリーがするっと出てきてくれて、いつの間にか馴染んでいた感じでした。とても魅力的な人なので共に物語を歩めることが嬉しく、そして楽しいです!

とコメントしています。

 

他斎賀みつきさんの演じたキャラクターとしては

 

・ロックマンエグゼ 伊集院炎山

・イナズマイレブンGO 新堂拓人

・プリパラ 紫京院ひびき

・今日からマ王! ヴォルフラム

 

ゲームキャラクターとしては

 

・ゼルダの伝説神々のトライフォース2 リンク、ラヴィオ

・ゼノブレイド2 メレフ

 

などがあります。

 

ヘンリーの病気、特殊体質

ヘンリーは特殊体質なのか病気なのかは不明でありますが周りにいる人間の魔力を吸うという特徴があります。

魔力を使って自分の肉体を強化する魔法騎士と同じくヘンリーは魔力を使って生命維持をする。ヘンリーの内臓や血管、筋肉は自前のものだとあまり虚弱すぎるため魔力で補って活動をしなければならい状態であった。

 

そんなヘンリーに生きるために与えられた体質が「魔力吸収体質」。

 

ヘンリーの家は名のある貴族であったが両親はヘンリーの存在に困っていた。

何ということだ このままでは死んでしまう アレを抱えたまま家名に泥を塗るわけにはいかない…

でもあの子は私たちの子よ…

そういった経緯によりヘンリーの家はヘンリーへの最後の愛情なのか魔力を蓄えさせ被害を最小限にする建物を森の中に作ってヘンリーを捨てたのであった。

 

その後黒の暴牛団長ヤミが現れヘンリーが残された家を発見し後数か月の命であったヘンリーを救ったのである。

魔力を吸ってしまう病気のため黒の暴牛メンバーの前には現れなかったが魔力の無いアスタには関係ないのでアスタとははちょくちょく話相手だったらしい。

 

ヘンリーのおわりに

今回はヘンリー・レゴランドについて黒の暴牛号の組み換え魔法や声優、体質、病気について情報をまとめてみました。

ヘンリーは黒の暴牛メンバーと会話することに幸せを感じており生まれて初めての仲間を得たという理由で黒の暴牛メンバーのために一生懸命頑張る男なのであります。

 

喋りは遅いヘンリーですがかなり漢らしい性格を持った熱いキャラクター。

黒の暴牛号とチャーミーとバネッサのコンボがあまりにも強すぎるため逆に今後どのような敵が現れるか楽しみです。