【ブラッククローバー】ユノの正体はリヒトの息子で王族っぽい

ブラッククローバーの主人公アスタの幼馴染でありライバルでもあるユノ。

アスタとは違い四つ葉のグリモワールに選ばれた存在であり下民出身であるにも関わらずかなりの優等生な彼。そんなユノですがVSエルフ編から徐々にユノの正体が明らかになってきました。

 

ということでこの記事ではユノの正体についてまとめていきましょう。

 

ユノがエルフ転生!

エルフ族とは?

数百年前に現在の下民が住む恵外界辺りに住んでいた高位な魔力を持った種族。マナに愛された種族であり一人一人が相当な魔力の持ち主であり中には魔女王よりも高いエルフがいました。

しかしある日人間がエルフの住む里を襲ったことによりエルフは滅びてしまいます。エルフは人間よりも圧倒的に強かったですが後に初代魔法帝となる王子ルミエルが開発した魔道具が悪用されて王族が中心となってエルフを滅ぼしたのでありました。

 

クローバー王国に害をなす存在である白夜の魔眼のリーダーであったパトリはかつて滅ぼされてしまったエルフ族の1人。パトリも含めてエルフ族は全員絶命してしまいましたが禁術によりパトリは金色の夜明け団長ヴァンジャスの体に転生していたのでありました。

パトリの目的はエルフ族の復活と人間を滅ぼすことであります。

 

ユノもエルフの関係者?

パトリはエルフ族を転生させるための必要アイテムである魔石をすべて手に入れてこれまで仲間であった人間である白夜の魔眼を生贄に現代の魔法騎士たちの体にエルフの魂を転生させることに成功しました。

転生先の体は「生まれ変わりの関係」や「魂の波長が近い」ことが条件であることらしく優秀な魔法騎士団メンバーを中心にエルフに人格を乗っ取られてしまいます。

ちなみに魔法騎士団金色の夜明けの一員は全員エルフに転生していましたがこれは団長ヴァンジャスによるものでありエルフとして転生する者はなるべく金色の夜明けや魔法騎士団として入団させていたようです。

 

ただユノもエルフ転生としてエルフに乗っ取られたかに思えましたがアスタと共闘しリヒトに勝負を挑んでいます。

 

ユノの正体はリヒトの息子で王族?

ライアの気になる言葉

白夜の魔眼アジト襲来編にてガンガン押していた魔法騎士団たちですが禁術完成により逆に人格を乗っ取られ一人一人が異常に強く絶体絶命のピンチとなってしまいます。

ユノは乗っ取られず誰の声にも反応せず立っていただけでありましたがアスタが戦う中で「オレは魔法帝になる」という言葉に反応し意識と取り戻しました。

ユノ曰く転生は1つの体に二つの魂が入っている状態でありユノの中にも魂が入っていることが感じられるとのことでした。

 

またリヒトとの戦いではマナゾーンによる360°どこからでも攻撃可能な技で対抗しましたがかき消されてしまいます。

この戦いを観てライアはリヒトに隙を作っただけ大したものだと言い「さすがリヒトくんの…」とかなり気になる言葉を残しました。

 

リヒトくんのなんだよ!!!

 

初代魔法帝ルミエルの気になる言葉

*コミックス組ネタバレ注意

 

VSエルフ編からさらに進み物語はVS悪魔へと移ります。悪魔はすべての元凶的存在でありパトリを転生させたのはエルフの長リヒトではなく悪魔。

悪魔は500年前の人間がエルフを滅ぼすきっかけを作った存在であり自分が使う五つ葉のグリモワールと受肉のために活動。しかし目的はあと一歩のところで達成されず一度セクレに封印されてしまいましたがパトリを転生させることで受肉と五つ葉のグリモワールを手に入れるチャンスを待っていたのでありました。

エルフを滅ぼしたのは悪魔だと知っているのは初代魔法帝ルミエルとエルフの長リヒトだけだったが悪魔が目的を達成したために自身の全てを告白し人間&エルフVS悪魔という

初代魔法帝ルミエル、リヒト、パトリ、アスタ、ユノ、セクレVS悪魔

という6VS1の構図になりました。

 

ルミエルとリヒトによる猛攻を受ける悪魔ですが悪魔にはダメージが通りません。まともにダメージが通るのはアスタの反魔法だけ。

そしてアスタはリヒトと悪魔のからの戦いのヒントを得たことで自身の反魔法の力をもっと引き出すことに成功。またユノもルミエルとリヒトのマナを再利用することで悪魔にダメージを与えることができる剣を創造させることに成功しました。

この戦いの中で成長するユノにルミエルは

風属性に剣の魔法…そうか…彼は…!

と言うのでありました。

 

絶対リヒトの息子や~ん!

 

リヒトと妻ティティアの魔法

リヒトはエルフ族の長であり四つ葉のグリモワールに選ばれたキャラ。使う魔法の属性は「剣魔法」でありかつてアスタが使っていた反魔法の剣の持ち主でありました。

悪魔によってエルフをほろぼされてしまった時に絶望に落ちたことで五つ葉のグリモワールとなってしまいました。四つ葉のグリモワールの持ち主が絶望することで五つ葉になるのです。

 

その元リヒトのグリモワールである五つ葉のグリモワールがめぐりめぐって現在はアスタの元へやってきました。

ちなみにリヒトが使っていた時は反魔法の力ではなくアスタの中に眠る悪魔がアスタ仕様の反魔法の力にしたとのこと。

 

一方ティティアは初代魔法帝ルミエルの妹であり使う魔法は「風属性」。魔法の腕前などは不明ですが優秀な兄ルミエルの妹ですからそうとうな実力者だと思われます。

またルミエルはクローバー王国の王子であったためティティアも王族ということになります。

 

ユノの持つペンダント

ユノが肌身離さず持っているペンダントはハージ村に捨てられていた時から横においてあったアイテム。ユノは出生を知るための手がかりとして残していたのかずっとペンダントを付けていました。

そのペンダントもエルフたちが使う魔石であることが発覚。

 

グラビド岩石に魔石をはめ込むことで出現するあの世とこの世の堺と言われる「影の王宮」。エルフVS人間の戦いは影の王宮へと向かいました。

影の王宮は一度閉まってしまうと外からは入れない仕組みでありましたがユノの持つペンダントが反応しユノは後から来ても王宮に入ることが成功。

なのでユノの持つペンダントが魔石であることが発覚しました。

 

ユノとアスタをハージ村に置いたのはエルフの関係者と言うことになります。なのでユノはエルフと関係ある人物となります。

 

ユノの中にいるエルフの魂は誰?

ユノは自分の中に魂が入っていることに気づいておりライアも転生は完全に成功しているらしいですがユノには人格が現れていません。

グラビド岩石がある場所にてライアがユノが来てないことをパトリに対して「転生しているはずなのに人格が元の人間のままだったんだよね」と言っていました。

 

このことからユノの中にいる魂はテティアのお腹の中にいた子ではなくしっかりと人格があったエルフだと考えることができます。ただユノの魂に近しい人物がライアやパトリの回想でいなかったことから人格はあるが単純に出てきていないだけだと思われます。

 

結論:ユノはリヒトの息子であり王族の血を引いている説濃厚

テティアは王族であり風属性の使い手、そしてリヒトは剣魔法の使い手ということでユノが使っていた魔法からテティアの子であるということが高い確率で言えるでしょう。

四つ葉のグリモワールに選ばれ下民であるにも関わらず金色の夜明けメンバーに負けない魔力を持っていたことからユノはやはり王族テティアの血を引いているのではないでしょうか?

 

まだブラッククローバーで結論が出ていませんが今後どのような展開で物語が進んでいくのか楽しみですよね。