漫画【七つの大罪】に登場する魔神族であり魔神王の直属近衛部隊である十戒。

ヘンドリクセンとの戦いが終わり平和が訪れたかと思いきや封印が解かれ七つの大罪の前に登場した新たな敵キャラクターであります。

 

今回はそんな魅力的な十戒メンバーとそのメンバーの最後、結末をまとめてみました。

 

【七つの大罪】十戒メンバー一覧とその最後

十戒とは魔神王の直属近衛兵士でありその特徴として魔神王から力の半分を10個にわけてそれぞれ力をもらっている魔神族。魔神族の復活のために行動しメリオダスたちの前に現れる。

 

ゼルドリス

メリオダスの弟であり魔神王の息子であるゼルドリス。戒禁「敬神」の他に魔神王直々に魔神王から魔力を借りているため他の十戒メンバーよりも強い。そのため実質ゼルドリスが十戒のリーダー。

ゼルドリスがリーダーであるが十戒メンバーは個性が強いためシリアスなシーン以外ではゼルドリスのいう事を聞かないしゼルドリスも積極的に統率を取ろうとしようとはしない。

 

恋人のゲルダを殺したメリオダスを恨んでおり魔神王になることにこだわっていたがメリオダスからゲルダが生きていることを知らされメリオダスが魔神王になることに協力をする。

 

・戒禁「敬神」

ゼルドリスに背を向けて逃げようとした者を強制的に服従させる能力。

 

ゼルドリスの最後

まだ死亡していない。

ゼルドリスはまだ生きており恋人ゲルダと再会するためにメリオダスに協力しメリオダスを王にするためチャンドラーやキューザックと共に七つの大罪たちと戦っている途中。

 

エスタロッサ

ゼルドリスの兄でありメリオダスの弟の魔神族。

ゼルドリスと同等の闘級を持ちかつて四大天使の最強戦士マエルを殺したと言われている男。また手配書に書かれていたメリオダスの顔とそっくりな人物。

十戒の目的として魔神族の復活がありますがエスタロッサだけはそこまで積極的ではなくマイペースに動く。

 

幼少期は魔神王の息子であるにも関わらず闇の力を得ることができずさらに、虫さえ殺せない男であったことから魔神王が哀れだと思い戒禁を与えた。

またかつて十戒を率いていた兄メリオダスのように強い男になりたいとも思っていたがメリオダスの恋人であるエリザベスに優しくされていたためエリザベスに惚れていたという片思いの苦悩を持っていた。

 

正体は女神族の四大天使マエルであり上記の設定は全てゴウセルが作りこんだまやかしによる強力な魔力による仕業。本当はエスタロッサという人物は存在しないがエスタロッサがいるというように魔神王も含めてマエルと魔神族に関係する人々に記憶操作をされていたのであった。

 

・戒禁「慈愛」

エスタロッサに憎しみを抱いてしまった場合殴ったり、魔法を唱えたりなどの方法でエスタロッサにダメージを与えることができなくなってしまう能力。メリオダスの全力リベンジカウンターもこれで防いだ。

弱点としては憎しみ以外の感情で攻撃しようとするとダメージを与えることができる。エスカノールは純粋にエスタロッサを見下し憐れんでいたことから攻撃することができた。

 

エスタロッサの最後

エスタロッサはメリオダス、ゼルドリスと共にメリオダスが魔神王になるために戒禁の回収を手伝っていたがそれでは面白くないと逆に自分戒禁を取り込むことで自らが魔神王になろうとしていた。

しかしタミエル、サリエルとの戦いの途中でゴウセルの魔力が解けてしまいエスタロッサという存在は幻影であることが発覚。エスタロッサはマエルとなりエスタロッサというキャラクターはそこで事実上亡くなってしまった。

 

ちなみにマエルはその後暴走するがキングを中心に暴走を止められその後七つの大罪に協力する。

 

ガラン

十戒メンバーの最年長でありかなりの老兵。一番年上であるにも関わらず一番好戦的なじじいであり魔力はほぼ無く体一つで戦う戦士。

武術に自身があり逆に魔法でこざかしい戦いをする人物が嫌い。

 

・戒禁「真実」

ガランの前で嘘を着いたり約束を破ったりした場合に石化してしまう。嘘の情報でも言った本人が本当だと思っていれば石化しない

 

ガランの最後

ガランはメラスキュラと共にバン、エレイン、ジェリコを狩るために追いかけていた。

その途中でバンたちはエスカノールを発見しエスカノールが営んでいたバーに隠れる。ガランたちはバンが隠れていたことに気づいていたが力の差は歴然であっため朝まで飲み続け恩寵太陽によりパワーアップしてしまったエスカノールとゲームをしてしまう。

 

お互いが殴りあい死ぬまで逃げずに戦うというルールだったがガランがエスカノールの力におびえてしまい逃げたことで自分の戒禁が発動してしまい石化してしまった。

その後石化状態でもガランは意識があり生きていた。戒禁回収に現れたエスタロッサにガランは石化をゼルドリスに解いてくれるように頼んだが「面倒くせぇし」ということで破壊されそのまま死亡してしまった。

 

メラスキュラ

死者を操ることができる能力の持ち主でありエレインを復活させた人物。

正体は魔神族ではなく三百年間魔界の強い瘴気を浴びた毒蛇が魔力を得て人の姿になったキャラクター。ガランと共に行動していたがエスカノールの強さによりガランが石化。

隙を見てエスカノールの魂を抜きとり喰らおうとするも逆に焼かれてしまい消息不明となっていた。

 

・戒禁「不信」

メラスキュラの前で目の前の現象を信じない者は目を焼かれてしまう力。

 

メラスキュラの最後

キャメロットを守る番人として七つの大罪の前に立ちふさがる。死体を生きかえらせてゾンビ集団を作り上げ襲わせるも七つの大罪メンバーにあしらわれてしまう。

最後は覚醒したエリザベスのアークを喰らい元の姿である毒蛇に戻ってしまったところをマーリンに研究材料として捕まってしまった。

 

その後メリオダスが魔神王として復活する際に戒禁がメラスキュラから飛び出ていたため生きてはいるだろうがかつての力はもう取り戻せないと思われる。

 

グロキニシア

魔神族ではなく初代妖精王のグロキニシア。

かつて古の聖戦時に天使族側についていたが人間の裏切りにより妹のゲラードが殺されてしまったと思ったことから人間に強い恨みを持ち復讐。その後は復讐心のまま生きていたら十戒となっていたとのこと。

 

元々妖精なのでキングが新たな力をつけるために手伝ってくれた。その後戒禁が回収され十戒を脱退。

 

・戒禁「安息」

効果不明。そのまま一度も使われることなくメリオダスに回収されてしまった。

 

グロキニシアの最後

グロキニシアはドロールと共にキングとディアンヌ力をつけるために修行を手伝う。

その後十戒を脱退し戒禁がなくなった後にチャンドラーが現れチャンドラーは七つの大罪と戦う。チャンドラーのあまりの強さにピンチとなった七つの大罪の前にドロールと共に見参。

ドロールと共にチャンドラーと戦うも敗北しそのまま死亡。

 

ドロール

魔神族ではなく巨人族の長的存在であり巨人族の王として君臨していた。

天使族側について魔神族と戦っていたがゼルドリスとの戦いの結果敗北。死ぬか、仲間になるかという2択を迫られ苦渋の決断の後に仲間になることを選択し十戒メンバーとなった。

 

その後はグロキニシアと同様ディアンヌの修行を手伝い、のちに十戒を脱退。

 

ドロールの最後

これもグロキニシアと同じくチャンドラーと七つの大罪が戦っている時に参戦。チャンドラーを足止めするためにグロキニシアと共闘してチャンドラーと戦うも敗北しそのまま死亡してしまった。

 

モンスピート

デリエリと行動している魔神族の男性。デリエリとは長年の付き合いであるためデリエリの短い会話を通訳することができる。

初期は十戒メンバー同様に人間の町を侵略していったがリオネス城の戦いにてメリオダスにデリエリと戦うも敗北。その後は不明だったが人間の女性に保護されてからその平和な暮らしが気に入ったのかそのままデリエリと住んでいた。

 

・戒禁「沈黙」

詳細不明。沈黙ということから恐らく喋ることに対して制約をかける能力だと思われる。

デリエリに聖戦時何か話そうとしていたことやデリエリに自分の想いを最後まで伝えられなかったこともこの戒禁が関係していると思われる。

 

モンスピートの最後

モンスピートはデリエリと共にゼルドリスの通信に応じず戒禁を返して十戒をやめようとしていたところにエスタロッサが現れる。

そしてエスタロッサと戦闘になり同じ質量の物の位置を入れ替えることができるコンジュラ―マジックによりエスタロッサを失神させることに成功。しかし油断したデリエリがエスタロッサの一撃を受けそうだったためモンスピートが身代わりとなり代わりに心臓を抜きとられてしまい握りつぶされてしまった。

すまないデリエリ もう…お前を護ることも傍にいてやることもできない

…だから 言わないよ

 

最後はデリエリを遠くに飛ばしエスタロッサを道連れにしようと爆発するのであった。

 

デリエリ

モンスピートと共に行動している魔神族。聖戦の時にリュドシエルの策略によりたくさんの魔神族が死亡してしまったためモンスピートと共に6つの心臓を捧げてパワーアップするインデュラ化をした女性。

その後エリザベスに助けられている。

 

復活した後は同胞である魔神族のために十戒として戦っていたが人間の女性に助けられたことやエリザベスに助けられたことで戦いに疑問を感じる。

 

・戒「純潔」

効果不明。

 

デリエリの最後

エリザベスをさらったエスタロッサを止めるためにサリエル、タミエルと共に戦う。

しかしエスタロッサの正体がマエルだったことに気づいてしまったタミエルはどうしてもマエルを攻撃することができず手を止めてしまったところをデリエリに一撃が入ってしまった。

そのまま最後の心臓が焼かれてしまい亡くなってしまった。

 

グレイロード

下位魔神から上位魔神へと突然変異で進化した魔神族。なので見た目が人型ではない。卵を生物に植え付けることで魔神族に変えることができる。

フラウドリンの友人らしい。

 

・戒禁「不殺」

グレイロードの前で殺生を行うものはすべての時間が奪われてしまう。グレイロードも敵を攻撃することはできないが生み出した魔神が代わりに攻撃するので問題はない。

自分の時間を止めているマーリンには効かない。

 

グレイロードの最後

フラウドリンと共にリオネス城を攻略するも自分の魔力が全く効かないマーリンに立ちはだかれてしまい敗北。メラスキュラ同様そのまま捕獲されてしまった。

 

フラウドリン

ドレファスの内側にいたリオネス王国編の黒幕的存在の魔神。

戒禁はもらっていないがゴウセルの後釜として十戒のメンバーとなった。魔神族復活のためにドレファスに乗っ取りヘンドリクセンを操っていたがドレファスとして過ごしているうちに息子のグリアモールに情が沸いてしまった。

 

ドレファスの人格を乗っ取っていたがドレファスとは会話していたらしい。

 

フラウドリンの最後

ザラトラスのパージによりドレファスとはがされてすぐ優しい感情をうしなったメリオダスと遭遇。そのままメリオダスに圧倒されてしまい自爆する形でそこら一帯を爆発させようとしたがグリアモールに阻止されてしまう。

 

グリアモールに情が沸いてしまったため自爆を解除し戦うことをやめて自分をメリオダスに殺すように指示。そのままメリオダスに倒される形で亡くなってしまった。