【七つの大罪】マエルの強さ!太陽持ちの闘級はどのくらい?

漫画【七つの大罪】に登場する女神族の最高神の直属的部下である四大天使の1人マエル。

名前は登場していましたが長らく正体は不明でした。しかし十戒の1人であるエスタロッサがマエルということが明かされました。

 

今回はそんなマエルについて

「強さ」「太陽時の闘級」

などついて探ってみました。

 

【七つの大罪】マエルというキャラクター

女神族四大天使の1人でリュドシエルの弟。

エスカノールが持つ恩寵太陽のかつての持ち主であったらしいが魔神族のエスタロッサにころされてしまったという設定。

 

四大天使の中で最強

マエルは四大天使の中でも最強と言われておりリーダーのリュドシエルよりも上と言われています。

元々恩寵太陽の持ち主でありましたがエスタロッサとなってしまったことで恩寵が離れてしまい太陽はエスカノールの中に入っていったのです。

 

正午に近づけば近づくほど強くなる太陽は元々はただのひ弱な人間であるエスカノールを十戒メンバーに勝てるほどの実力をつけさせた恩寵。

基本はリュドシエルの方が強いですが正午に近づいたマエルには勝てなかったと言われています。

 

ゴウセルの恋人を殺してしたためにエスタロッサにさせられる

かつて聖戦時に魔神族と争っていた女神族の四大天使はたくさんの魔神族をたおしてきました。

マエルも同様であり魔神族滅亡のために戦争をしており1人の魔神族の女性をほふります。

 

その女性とはゴウセル本人の恋人でありそのことでゴウセルの怒りを買ってしまったためか聖戦を終わらすために女神族と魔神族の戦闘バランスを保つために強力な記憶操作魔法によりマエルという人格をエスタロッサに変えられてしまいました。

 

そうしてマエルは新たに作られたエスタロッサというメリオダスの弟でゼルドリスの兄の魔神族という設定が与えられその後3000年もの間エスタロッサとして過ごしてきたのです。

 

【七つの大罪】マエルの強さ!

マエルの強さがわかるシーンをまとめてみました。また各姿の闘級についてもまとめてみました

 

エスタロッサ時代の闘級

闘級 6万

 

エスタロッサの時代は闘級6万で魔神族十戒の1人であった。

魔神王の子なのに闇の力に目覚めなかったという設定でありそのため戒禁の慈愛を与えられた。

慈愛とはエスタロッサに恨みや殺意を向けてしまうとエスタロッサに対する戦闘能力を失ってしまう、まさにエスタロッサに「慈愛」をしてしまう能力。

 

闘級6万という数字は十戒の中では上位であり戒禁慈愛の効果もあってエスタロッサを倒すのはかなり難しかった。

 

戦績としては

・メリオダスを倒す

・エスカノールに敗北

 

エスタロッサの魔力

・フルカウンター

自分に向けられた物理攻撃を倍以上にして跳ね返す魔力。メリオダスのフルカウンターと名前は同じであるがメリオダスの場合は魔力攻撃を倍にする技。

 

・キリング・ソーサ―

闇で作り出したチェンソーによる攻撃。相手を切り裂く。

 

・ブラックハウンド

巨大な犬の形をした闇の炎を放つ。

 

・ブラックアウト

闇で包んで消滅させる。エスカノール戦で使用。

 

戒禁4つを取り込んだマエルの闘級

闘級 推定20万以上

 

メリオダスの魔神王になることを協力しようとしていたがメリオダスではなく逆に自分が戒禁を取り込むことで自ら魔神王になろうとした姿。

4つの戒禁を取り込んだことで暴走してしまったがこれは本来女神族だからである。

 

戒禁は基本何かしらの能力であるがこの形態になると戒禁を物体に変えて様々な攻撃ができるようになる。

 

戦績としては

・四大天使のサリエルとタミエルをほふる

・覚醒したキングには敗北

 

魔力や技

・慈愛の光玉

戒禁「慈愛」の力を利用して強力なエネルギー弾を作る魔力。辺り一帯を吹き飛ばす爆弾。

当たってしまうと痛みが快楽に変わってしまう。ダメージを受けすぎると気持ちよくなってしまい眠りながら死ぬ。

 

・真実の鐘

戒禁「真実」の力を利用して出現させた鐘。鳴らすと幻術が消える。

 

・沈黙の鎌

戒禁「沈黙」の力を物体化させた鎌。斬られてしまうと魔力が使えなくなってしまう。エリザベスの魔法で解除可能。

 

・純潔の香

戒禁「純潔」の力を物体化させた香り。匂いをかいでしまうと幻を見せられてしまう。ゴウセルがかいだ時は恋人であるナージャが出現したので好きな人が現れる効果なのかも知れない。

 

太陽を取り戻したマエル

闘級 測定不能(おそらく30万以上はあると思われる)

 

エスタロッサではなくマエルとして立ちエスカノールから一時的に恩寵の太陽を返してもらった姿。

エスカノールはメリオダスを助けるために協力してくれと太陽を渡そうとしたが太陽が自分を見捨てたのでそれはできないと言っていたがならば貸してあげましょうという形で太陽を借りた。

 

元々強かったマエルにエスカノールの太陽が加わったためえげつない闘級となる。基本的に使う技はエスカノールと同じであるが威力が違うとエスカノールは語っていました。

 

リュドシエルの闘級は20万1000であるが正午になるとマエルの方が強くなるためおそらく30万以上はあるとおもわれる。

 

戦績としては

・ゼルドリスに勝利

・メリオダス魔神王には勝てなかった

 

マエルが使う魔力

・偉大なる太陽(グレイテスト・サン)

太陽を模した魔力の塊を放つ技。着弾すると爆発する。エスカノールのクルーエル・サンとほぼ同じ。

 

・救済の矢

魔神族に当たると一切の苦しみを与えず死に導く技。他種族が当たるとめちゃくちゃ苦しんだ挙句死ぬ。