【ブラッククローバー】アスタとリーベのユナイト状態!!強さをまとめてみた!

週刊少年ジャンプで連載中の【ブラッククローバー】。

魔力が当たり前の世界でありながら魔力が全くないという状態で生まれた主人公アスタがクローバー王国の魔法騎士たちの頂点である魔法帝を目指す物語。

 

今回はそんな主人公アスタとそのアスタに憑いている悪魔であるリーベの必殺技である悪魔同化(ユナイト)についてまとめてみたぞ!

魔法騎士として一流になるだけでなく悪魔という特殊な生物ともまともに戦うことができるユナイトとはどんなものなのか!?

 

 

スポンサーリンク

ユナイトとは?

自分に憑いている悪魔の力を全て引き出すことが出来る戦闘形態。

状態としてはスペード王国ダークトラアイアドの3人が使う悪魔の力100%に非常に近い。

 

ユナイトをする場合は「従魔の儀」と呼ばれる儀式により悪魔と戦闘を行い、そこで勝利することで主従関係を作る。

そうすることで悪魔と正式に契約し自分の力として悪魔の力を引き出す引き出すユナイトが使えるようになるのだ。

 

本来であるならば召喚したい悪魔と因縁のある遺物を使う必要があるが

アスタの場合は右腕がすでに悪魔に取られていたり、グリモワールが五つ葉だったりの関係によりいらなかった。

従魔の儀は無理やり中断すると何かしらの災厄が訪れてしまうのでむやみに中断してはいけない禁忌の儀式なのだ。

 

ユナイトの師匠はナハト!

ナハトのユナイトモード:カニス

アスタにユナイトの存在を教えてくれたのは同じ悪魔憑きであるナハト。

ナハトの場合は4体の中級悪魔と契約しており自分の影魔法に悪魔の力を足すことで自分の影魔法をパワーアップさせている。

 

例えばナハトの悪魔の一匹であるギロモデ。ギロモデの特性は「群れ」であるためギロモデとユナイトしている時はたくさんの影狼を出す事が可能。

ギロモデとのユナイト「カニス」はアスタとの修行時に使用した。

 

他にはワルグナとプルメデの2体同時にユナイトするモードなどもある。2体同時ユナイトは最上位悪魔に近い実力を得ることが可能。

 

アスタとリーベのユナイト化と強さ!

アスタの場合リーベを従わせるのではなく友情

アスタもナハトに言われて悪魔の力を全て引き出すユナイトをするために従魔の儀をさせられる。

従魔の儀では悪魔のリーベとアスタがバトル。

 

反魔法はリーベの物であり、アスタが使ってきた滅魔や宿魔の剣をリーベは使用するも、アスタは魔力がないので体1つでのバトル。

力だけ見ればリーベの圧勝であるが、これまでの強敵を打ち破って来たのはアスタであり一方リーベは初めてのバトルだったために経験値の差によりアスタが勝利します。

 

ナハトからは「我に従え」というだけでユナイトできるようになると言われたがアスタの場合は「オレと友達になろうぜ!!」という形で契約してしまう。

ナハトはもちろんあきれ返るも善人であるアスタに対して「君は正しい」と笑顔を見せるも強くなるかどうかは別問題。

この契約の仕方がアスタらしい部分であるがこの場合だとユナイトが思うようにできないし、ナハトも悪魔と友達になった時のユナイトのやり方は知らなかった。

「君は悪魔と対等な契約を結んだ 悪魔を使役しない君がその力を100%すんなり使いこなせないのも当然だ 」

「君がその道を選んだんだ」

アスタをユナイトさせるための修行がナハトと始まるのであった。

 

リーベの力を100%引き出せる

ナハトとの修行により極限まで追い詰められたリーベとアスタは互いを助けたいという絆が強まった時にユナイトに成功するアスタ。

 

ナハトの影魔法は実体のない魔法であるがアスタのユナイトはそのマナゾーンごと反魔法で吹き飛ばした。

ナハト曰く「反魔法はフル出力を発揮できれば 最強」とのこと。

実態のない魔法でもアスタのユナイトは全てをかき消すことができるためドロシーの夢魔法のミロワールドなども消すことができる魔法だと思われます。

 

スポンサーリンク

5分しか持たない

アスタとリーベのユナイトはナハトと違って特殊であるため現状は5分しか持たない。

ユナイトした際に胸の辺に五つ葉のクローバーが現れ、1分経過する毎に葉っぱが細くなっていく。

 

最上位悪魔のナヘマー&リリスと、ナハトとのバトルにてナハトのピンチに駆けつけたアスタだったがその時の無駄話により1分経過してしまうというシーンがあるなど時間に余裕の無い必殺技なのだ!

 

魔神を切り裂く力

アスタがまともにユナイトできた時の初戦の相手はスペード王国に封印されていた2体の魔神のうちの1体。

スペード王国を攻める際にクローバー王国の戦力がスペード王国に集まってきていたことから

ダークトライアドのゼノンがそれを逆手にクローバー王国に魔神を一体送り込んでいたのだ。

 

魔神とは初代魔法帝ルミエルが500年前に撃破したことで魔法帝と呼ばれるようになったり、悪魔の力に対抗するために修行したアネゴレオンの全力の魔法を受けても立ち上がるほどの強敵。

クローバー王国を襲った一体の魔神は残っていた魔法騎士団全員で止めようとするもすべての魔法をはねのけ止まる気配すらなかった。

 

無理やり10年体を成長させたユリウスも戦うもすぐに魔力が尽きてもとの姿に戻ってしまう。

ユリウスすら止められなかったために誰もが魔神にクローバー王国を滅ぼされると思ったとこに登場したのがユナイトできるアスタ。

 

魔神の超巨大な一撃を反魔法の力でかき消したのだ。

魔神とは巨大な超魔力の塊、いかなる魔法もはねのける存在であるがそこにアスタの反魔法が突き刺さる。

5分しかユナイトできないアスタであるが剣を二振りする一瞬の時間だけで魔神を倒したのだ。

 

 

最上位悪魔に勝つ力

ユナイトして早々に魔神を倒したアスタはすぐさまスペード王国のナハトを助けに行く。

ナハトは最上位悪魔であるナヘマーとリリスと戦うもほぼ遊ばれた状態でもうすでに死にかけていた。

 

ナヘマーとリリスの魔法は物だけでなく魔法そのものの概念ごと燃やしたり凍らせたりできる魔法

であったために影魔法のナハトが手も足もでなかったのだ。

 

リリスとナヘマーはアスタが現れるも遊ぶ気満々で同じように魔法でアスタを攻撃しようとするも

アスタの第3の剣滅魔の魔法により悪魔たちの魔法がかきけされてしまう。

油断した最上位悪魔のナヘマーを撃破することに成功したのだ。

 

しかしリリスは切り裂かれたナヘマーを取り込むことで超パワーアップ。

超パワーアップしたリリスは手始めにスペード王国全員を巻き込むほどの超巨大魔法を放つ。

しかしアスタは第1の剣絶魔の魔法によりその魔法ごと跳ね返した。

 

リリスは魔法を跳ね返されるも体が丈夫であるためにダメージは負わなかったがパワーアップした自分の魔法を跳ね返し、かき消してくる冥界にもいなかった存在に初めて恐怖という感情を覚えてしまう。

「全ての生命は私が楽しむ為のモノのはずなのに なのにもう…楽しめない 何だ この感情は…!?」

 

リリスはアスタのユナイトできる時間が短いことを見抜き逃げようとする。

しかしそこにナハトの相手を拘束する魔法が突き刺さりリリスは止まる。

そしてアスタに切り裂かれてしまうのだった。

 

30分間の全員筋肉痛

そんな強力なアスタのユナイトであるが5分経ってしまうと強制解除されてしまい、さらに30分間全身が痛くなりユナイトはおろか半分だけの力であるブラックアスタ状態にもなることができない。

なので空を飛べなくなるので機動力がめちゃくちゃ落ちてしまう。

ただ反魔法の力は使うことができる。

 

物語は最終局面!?

アスタのユナイトについて情報をまとめてみました。

アスタとリーベの最終奥義といってもいいくらいの超強力な魔法であり魔神や最上位悪魔を5分以内に倒してしまうほどの強さでした。

 

今後はどのようにアスタが活躍していくのでしょうか?非常に楽しみですよね!