【ヒロアカ】1年生!生徒の強さランキング!!ベスト10

雄英高校の1年生ってどのくらい強いんだ!!!

 

2014年から連載されている僕のヒーローアカデミアことヒロアカ。無個性でありながら主人公のデクが憧れのヒーローであるオールマイトのようなヒーローを目指す物語でありますがそこにはたくさんのキャラクターたちが登場します。

雄英高校の1年生と言えばデクの同級生たちでありデクと共に切磋琢磨して一人前のヒーローを目指す仲間たちでありますが1年生はどのくらいつよいのでしょうか?

 

ということで今回は雄英高校の1年生の強さランキングということで強さ順に並べてみました。

この内容はデクvsレディナガンとのバトルまでの強さを参考にしています。

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】1年生!生徒の強さランキング!!ベスト10

1位 緑谷出久 (みどりやいずく)


個性:ワンフォーオール

複数個性:黒鞭、浮遊、危機感知、煙幕、発勁

ヒーローネーム:デク

 

ヒロアカの主人公である緑谷出久ことデク。

平和の象徴オールマイトから個性を受け継いだ存在でありヒロアカ最強クラスの個性であるワンフォーオールの使い手。

元々無個性であったことから幼少期はよく爆豪にいじめられており付いたあだ名がデクの棒のデク。しかし雄英の1年生になった後にお茶子から「がんばれって感じのデク」と言われてからは前向きにとらえるようになっていった。

 

性格は優しい子であり作中では常識人側。

ヒーローオタクの一面があり特にオールマイトが登場するテレビ番組は録画して何度も見たり、インタビューが乗っている雑誌などは必ず購入してインタビュー内容はもちろん全て暗記しているという重度のオタク。

ただヒロアカ最終章ではAFOから狙われたことにより気持ちに余裕がなくなっていきヒーローとしての活動のみを遂行するマシーンのような冷たい人柄となっていった。

 

デクの個性や戦闘スタイル

デクの個性である”ワンフォーオール”はオールマイトの超パワーだけでなく歴代継承者6人それぞれの個性を扱うことができる作中でもチート的性能に成長。

45%までワンフォーオールの超パワーを扱うことができるが加えて3代目の個性である「発勁(はっけい)」により疑似的にオールマイトの100%パワーを引き出すまでに成長。

 

戦歴としては序盤はヴィランのマスキュラーなど自分の体を顧みず100%の力を引き出してしまいそれが原因でしばらく腕が使い物にならなくなるという危なっかしい戦い方が中心だったが

成長したことで再登場したマスキュラーを瞬殺、元公安ヒーローの強者であるレディナガンに勝利するなどトップヒーローでも相手できない、下手したら負けてしまう相手にも勝利している。

 

ジャンプによくある脳筋タイプの主人公というわけではなく頭を使用して戦うスタイル。成績も良く一年生の中間学力テストでは4位であるため頭脳戦が多いため自分からへまして自滅への道をたどるような戦闘が無い。

自分を犠牲にすること以外は欠点の無いヒーローなのである。

 

2位 爆豪勝己(ばくごうかつき)

個性:爆破

ヒーローネーム:大・爆・殺・神 ダイナマイト

 

主人公デクのライバル的立ち位置であり友人ではないが時には腐れ縁からかデクがピンチな時は頼もしい仲間になるキャラクターの爆豪。

幼少期からなんでもできた天才キャラクターであり学校での成績も良く、さらに個性も優れていたことから能力だけで見れば優等生。

しかし性格が非常に”みみっちい”タイプでありプライドも非常に高い。人に助けられただけでも見下されていると感じてしまうほどにこじらせている。

 

中学時代は不良をやっていたが内申点に響く行動はとらない、ルール違反にならないことは守るなど所々でみみっちい。

極めつけは将来の夢がトップヒーローとなり高額納税者ランキングに名を連ねることだったり、ヒーロー名が「大・爆・殺・神 ダイナマイト」とどこか小物感がぬぐえない性格をしている。

 

とは言え1年生になってから轟の存在やデクの成長にプライドがへし折られつつもすべてを受け入れてトップヒーローとなることを決意。頼もしいヒーローへと成長していった。

 

爆豪の個性や戦闘スタイル

性格はあれだが天才肌な所と個性を上手く使いこなすことから1年生の中では非常に強い。

 

最初期はデクに敗北してしまったがその後の決闘でデクに勝利、A組B組の混合戦闘訓練では協力プレーも覚えたことで推薦組の取陰チームを撃破。

覚醒した死柄木との総力戦ではエンデヴァー事務所でエンデヴァーについていくために身に着けた高速移動や爆破の火力によりニアハイエンド脳無をミリオたちと共に退けるなどの活躍を見せている。

 

エンデヴァーの事務所の経験をへてデクが移動の時に45%フルカウルの力を使って高速移動をしているがかっちゃんも負けじとついていくことができる。

なんだかんだいつもデクを助けてくれるのはかっちゃんなのである。

 

3位 轟焦凍(とどろきしょうと)

個性 半冷半燃

ヒーローネーム:ショート

 

推薦組の優等生の轟。父にナンバー1ヒーローであるエンデヴァーを持ち。

エンデヴァーがオールマイトを超えるヒーローを誕生すべく個性婚という優秀な個性の掛け合わせによりエンデヴァーの炎と母の氷の個性の両方の特性を持つ焦凍が誕生した。

 

クールで感情を表に出すことがほとんどないがデクたちと同じようにオールマイトに憧れてヒーローの世界に入ってきており、父の意志ではなく自分の意志でナンバー1ヒーローを目指すという熱い情熱を内に秘めている。

 

エンデヴァーは長らくナンバー2ヒーローという華麗なる側面をもっていたが、家庭内環境は複雑であり母に手を上げていたり焦凍を無理やりヒーローとさせるために特訓させていたりといった過去があるためエンデヴァーとは仲が悪い。

ただこの轟家の家庭環境やエンデヴァーも1年生たちと同様に精神的に同時並行で成長していく姿を作中見ることができる。

 

焦凍の個性や戦闘スタイル

炎と氷の両方の能力を合わせ持つ轟。

エンデヴァーいわく炎だけだと熱がこもって長時間フルパワーで戦うことができないが氷の能力があることで体を冷やすことが可能となるため弱点が無いらしい。

 

戦闘スタイルは高出力の氷を広範囲に吐き出すぶっぱスタイルで物語初期はそれだけで無双していた。

父が嫌いであるため炎の能力は一切使わずに氷の能力だけでヒーローとなりエンデヴァーを否定するという目的を最初は持っていたが体育祭の時にデクから炎の方も自分の力じゃないかと説得されて以降炎の方も使うようになった。

 

それからは氷の方を鍛えていただけに炎の方は不器用とのことで炎の方のレベルを上げていくことが課題となる。

ぶっぱに頼っていたがステインとの戦いやヴィランとの戦い、エンデヴァー事務所への職場体験を経て技術も徐々に習得。

特に冬のインターン先ではエンデヴァーが事件解決のために炎を使って素早く移動する技術を見てどれだけの鍛錬を積んできたのかを背中を見て判断。

 

覚醒した死柄木とのバトルでは追い込まれたイレイザーヘッドを崩壊させられる間一髪のところで氷で助け、エンデヴァーの最大火力を死柄木にぶち込むためにギリギリまで冷やすという重要な活躍をしている。

 

4位 常闇踏影(とこやみふみかげ)

個性:黒影(ダークシャドウ)

ヒーローネーム:漆黒ヒーローツクヨミ

 

個性把握テストでは5位という強個性の持ち主。

顔はカラスであるが首から下は人間と変わらない。中二病かつ古風な喋り方が特徴であり達筆な字を書く。

「追われし者の宿命…選択しろ緑谷!」

中二病であるのと自身の個性が暗い場所だと力を発揮することから部屋が全体的に暗くダークな仕上がりとなっている。

 

ツクヨミの個性や戦闘スタイル

自身の影を自在に操る子ことができる個性ダークシャドウ。

ダークシャドウは意志を持っておりツクヨミと会話できるため二人で一つのような戦闘をする。ダークシャドウの大きさで性格と口調が変わり朝などの日差しが強い時は弱虫となり、逆に日没時などは気性や口調が荒くなる。

「っちしょうがねえな」

 

陰が大きくなる夜などが一番力を発揮できる個性であり特に闇夜のダークシャドウは無敵と言えるほどにパワーを発揮。

林間学校編では夜に森の木々をへし折ったり押しつぶすだけでヴィラン連合の一人をのしてしまうほどの威力。

光の弱点さえなければどうやらダークシャドウはダメージをほとんど受けないなどの無敵に近い能力。

 

最速のヒーローホークスの事務所で最初はホークスのスピードについていくのがやっとだったがホークスに認められるようになってからは師弟関係のような絆が生まれている。

超常解放戦線での戦いではプロヒーローやファットガムと共に異能解放軍たちとバトルし新技で活躍。

暗い階段下であれば異能解放軍リーダーのリ・デストロの個性「ストレス」と同等のパワーを出すことが可能でありファットガムから「すんごいな!一瞬や」と評価を受けている。

 

スポンサーリンク

5位 切島鋭児郎(きりしまえいじろう)

個性:硬化

ヒーローネーム:レッドライオット

 

いざという時に危険に立ち向かうことができるヒーロー切島。

中学は芦戸と同じであり中学からヒーロー志望だったがカツアゲしている場面を注意できなかったり

今にも同じ中学の生徒が大男に襲われそうなシーンでも恐怖で動けず、一方芦戸は切島とは違い怖がりながらも立ち向かっていくことと自分を比べてしまい

自分を嫌になってヒーローの道をあきらめかけていた時期があった。

 

しかし憧れのヒーローである一度小学生の時に聞いたクリムゾンライオットのインタビューを偶然聞くことになる。

クリムゾンライオットも敵に立ち向かうのは怖いがそれ以上に立ち向かわず人を守れなかった時の後悔のことを考えてそれに比べればマシだということで立ち向かっているという内容だった。

 

それを聞いて以降怖いながらも果敢に立ち向かう姿勢を見せるようになった切島。

 

性格は前向きであり自分からガンガン行くことができるタイプ。

ファットガム事務所にインターンへ行っていたがこれは3年の環からの伝手であり、環からはガンガン来られて怖かったと評価されている。

 

切島の個性や戦闘スタイル

個性の硬質化により自分を硬くすることができる能力。

正面突破のごり押しスタイルが得意であり硬くなるというだけだが攻守ともに優れている。特に守るスタイルは切島の得意分野でもある。

 

死穢八斎會編ではファットガムを助けるためにラッパの乱打を耐えきったり、超常解放戦線ではギガントマキアに吹き飛ばされそうになっていた芦戸を身をていして助けるなどの活躍を見せた。

 

6位 麗日お茶子(うららかおちゃこ)

個性:無重力(ゼログラビティ)

ヒーローネーム:ウラビティ

 

ヒロアカのヒロインであるお茶子。

ほんわかした雰囲気の女の子であり関西独特のなまりをつかって話す。

性格はもちろん優しい性格の持ち主でありヒーローになる理由は実家の建設株式会社があまり仕事がなく貧乏な暮らしをしていたことから両親を助けたいという目標でお金のためにヒーローとなる。

お金という目的は爆豪と同じであるがお茶子の場合は親孝行が先にきている。

 

デクが無茶をしていたりデクが無茶をしようとごまかしているシーンなどは見破りながらも心配するシーンが多め。

実際に共闘することがあった場合はデクが無茶をしないようにアシストすることが多い。

 

お茶子の個性や戦闘スタイル

お茶子のゼログラビティは触れた対象の重さを文字通り0にするという個性。最大3tまで持ち上げることが可能らしく破壊力は無いが事実上作中で一番の力持ちの部類に入る。

 

お茶子は優しいのでそんなことは絶対にしないが飛行する個性がない場合はお茶子に触れられただけで終了であり突き落とされてしまう。

さらに重いものを単純に投げ飛ばすなどの攻撃も可能。

 

7位 飯田天哉(いいだてんや)

個性:エンジン

ヒーローネーム:インゲニウム

 

優等生かつエリート。

髪型は七三分け、メガネ、第一ボタンまでしっかりしめるなどの生徒たちの規範となるようなキャラクターであり典型的な真面目。学力は2位。

真面目ではあるが一人前のヒーローとなるために心に熱いものがある性格でプロヒーローである実の兄のインゲニウムを心から尊敬している。

 

飯田くんの個性や戦闘スタイル

飯田くんの個性はエンジン。

ふくらはぎの部分に排出口のようなものがついており足が速くなる能力。排出口は日々メンテナンスが必要であるらしくマフラーを外す時は痛いらしい。

 

個性の性能的には1年生の中で一番素早く移動できる個性である可能性を秘めているらしく50m走などは3秒台で走る。

「レプシロバースト」という技は代々飯田家に伝わる必殺技であり一時的に超スピードを得る代わりに終わったとは1分ほどエンジンの能力が使えなくなってしまう切り札。

 

8位 蛙吹梅雨(あすいつゆ)

個性:カエル

ヒーローネーム:フロッピー

 

お茶子とよく行動を共にしている女の子。

自分の事を下の名前で呼んでほしいらしくデクからあすいさんと呼ばれると梅雨ちゃんと呼んでと必ず訂正する。ただこれは仲の良い友達同士での間であり峯田からは下の名前で呼んでほしくないらしい。

 

鋭い洞察力の持主でデクの個性を見てオールマイトっぽいと見抜いたり学力テスト6位だったりと頭脳で戦うことができるタイプ。

中学時代までは両親の仕事関係で弟妹の世話が中心となっており友人と遊ぶ時間がほとんどなかったため友達がなかなかできなかった。

なので雄英高校生活が楽しいとのこと。

 

つゆちゃんの個性と戦闘スタイル

カエルっぽいことがだいたいできる個性の「カエル」。

プロヒーローのミルコと同じようなタイプであるため体や個性を鍛えればカエルっぽいことをカエル以上にできるようになっていくと思われる。

 

特にベロが長く人一人なら持ち上げるほどの力を持っておりB組との合同訓練ではつぶらばを捕獲。ただつぶらばもベロで捕獲されたことには喜んでいた。

カエルであるため垂直の壁に張り付くことが可能であり跳躍力もあることから身体能力は1年生の中でも上の方。

さらにB組とのバトルではつゆちゃんの作戦により勝利していることからこの順位としました。

 

スポンサーリンク

9位 八百万百(やおよろずもも)

個性:創造

ヒーローネーム:クリエティ

 

頭脳明晰かつお金持ちかつクラス副委員長。

口調が「ですわ!」のお嬢様キャラ。飯田と同じく真面目な性格であり学力テストは1位。

 

人に頼られることが好きでありテスト前に上鳴や芦戸から勉強を教えて欲しいという頼みに対して喜んで対応していた。

負けず嫌いな性格ではあるがずっとエリートだったためか精神的に弱い部分があり、体育祭の後に常闇に敗北してからは自分の意見をあまり出さなくなってしまう。

 

しかしメンタルが弱いと言っても能力は高く轟とのペアで先生と戦うことになった際には頼られたことで自身を取り戻し、以降登場する際は作戦を立てるリーダー的ポジションになることが多い。

 

八百万の個性や戦闘スタイル

八百万の個性は創造。自分の体内の脂質からあらゆる物体を生み出すことができる個性。

マトリョーシカなどの小物から果ては大砲まで出現させることが可能であり戦い方は千差万別のスタイル。

B組とのバトルでは攻撃を防ぐために盾を一瞬で創造するなど実質武器を常に持っていながら戦っているような個性

 

コスチュームがエロチックなのは大きいものは胸から物体を創り出す個性であるため発動すると服が破けてしまうのであのようなコスチュームを着ている

ギガントマキアを止めるミッションでは1年生の中心となり指揮をとり的確に1年生に指示を出しす。

八百万が創り出した睡眠薬をギガントマキアに飲ませるというミッションに成功したが結局ギガントマキアは止まらなかったが確実に後に戦闘に影響を与える一手だった

 

10位 上鳴電気(かみなりでんき)

個性:帯電

ヒーローネーム:スタンガンヒーローチャージズマ

 

1年生のチャラ男担当の上鳴。

性格はもちろん軽くチャラチャラしており思考回路が単純。学力テストでは20位という最下位ではなるが雄英高校のレベルが高いため完全なるバカではない。

 

耳郎や峯田と仲が良くチャラ男ではあるが文化祭の時に耳郎のライブを成功させるためにバンドを一生懸命練習に励んでいたりと常闇からは「友達思いの良いやつ」という評価を受けている。

 

上鳴の個性や戦闘スタイル

個性は電気を出すことができる個性。

かなり強力な電気を放出することが可能でありあまりに高すぎる威力の場合は自分もショートしてしまい爆発する。そうなった場合はしばらくの間「ウェーイ」という言葉でしか話せなくなるほど知能が低下してしまう。

 

電気を放出するという能力であるためかなり強い個性ではあるが威力はコントロールできるものの電気の指向性などは自由にできない。

狙いたい場合は狙いたい場所にあらかじめポインターと呼ばれる金属を打ち込んでおくことでその場所に狙って放出が可能。

 

その気になれば辺り一帯に電気を放出することができるがこれは自分ひとりしかいない時の専用技であり味方がいる時は味方にも当たってしまうのであまり使わない。

また避雷針のような役割も可能であり超常解放戦線の異能解放軍とのバトルでは最前線を怖がりながらも任される。その際に幹部の電撃攻撃をすべて上鳴が吸収することでプロヒーローや前線の一年生を守ったという活躍をした。

 

軽いまとめ

今回は1年A組の最強ランキングを作ってみました。

他のキャラクターもランキングに入れたかったのですがに戦闘描写が少ないキャラも多く順位を付けづらかったためにベスト10としました。

 

この他にも峰田や葉隠、砂藤など強い個性を持った一年生も登場しており活躍次第ではランキングに入るかもしれません。今後の活躍に期待したいところですよね。

それではありがとうございました。