2014年から週刊少年ジャンプで連載されている「僕のヒーローアカデミア」。

今回は「ヒロアカ」に登場するキャラクター達をランキング順にまとめて最強キャラランキングを作ってみました。

 

ランキングの基準としては単純にキャラクター達の強さになります。

全て独断と偏見で作られているため一つの参考程度に考えていただけると幸いです。

 

キャラの強さとして物語は漫画単行本30巻までを参考にしています。

 

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】最強キャラランキングベスト10!【2021年版】

1位 死柄木弔

「じゃあもう怖そう 一旦”全部”」

個性:崩壊、超回復、

 

僕のヒーローアカデミアのオール・フォー・ワン(AFO)に次ぐラスボス的存在の弔。

敵側のキャラクターであるが主人公デクと同じく発展途上の悪として1年生達だけでなく成長していくヴィラン。

 

手のひらの五本指で触ることで物や生物をボロボロにさせる個性「崩壊」だけであったが

異能解放軍とのバトルにより個性が成長し地面を触るだけで崩壊が伝播していくというチート性能にまで発展。

さらにAFOの片腕のドクターこと殻木球大の改造手術によりAFOすらも超越するマスターピース、魔王という存在になろうとしていました。

しかしその計画は途中で妨害される。

 

魔王になる直前で目覚めた死柄木であり完全体ではないがそのパワーはまさにラスボスにふさわしい力。

「崩壊」だけでなくすぐに傷が癒えてしまう「超回復」、AFOと同じ個性を奪う個性である「オールフォーワン」で様々な個性を組み合わせて戦うスタイル。

さらには個性だけでなく素の力もオールマイト並みの力を持っている。

というように現状ヒロアカ最強キャラクターが死柄木弔なのだ!

 

その圧倒的強さから2位とさせていただきました。

 

2位 ギガントマキア

「全ては主のために」

個性:巨大化など複数持ち

 

AFOが育てたAFOを崇拝しているキャラクター。そのためAFOの声や強くなった死柄木の声が大好き。

 

通常時は3mの大男であるがMt.レディと同じく戦闘時に巨大化し、まるで山のような超巨大生物となる。

 

ドクターからの手術により7つの個性を所有しているがその代償に知能がそこまで高くなくなってしまっている。

無敵のような耐久と体力をしているが人間と同じようにモチベーションが無いとパフォーマンスをフルに発揮できないという欠点もある。

 

それでも

耐久:異常なまでの体力を持つ

痛覚遮断:痛みを感じない

巨大化:興奮すると巨大化

エネルギー効率:わずかな栄養と水分だけで長時間活動可能、睡眠時間もほとんどいらない

剛筋:硬く強靭な肉体

土竜:モグラのように地中を軽々移動できる

犬:犬のような聴覚と嗅覚を持つ

の七つの個性により一度暴れ始めたら手がつけられない。

 

死柄木の命令でしか動かずそれ以外の命令は全く受け付けない、良いことをされたらお礼を言うシーンがあるなど良くも悪くも純粋。

マキア自身で悪意を持って攻撃することはしていないのでマキアの戦闘能力は不明であるがMt.レディや他プロヒーロー、雄英1年生たちの妨害を難なく突破するなど

死柄木やAFOが悪意を持って攻撃を命令した場合、いくつかの街が崩壊してしまうほどの戦闘力はもっている。

 

元気な状態のマキアを倒せそうなのが死柄木くらいしかいなさそうなので2位としました。

 

 

3位 エンデヴァー

「元No1ヒーローよ 平和の象徴とは,,,なんだ」

個性:ヘルフレイム

 

轟焦凍の父親でありオールマイトが全盛期の時は永遠のナンバー2ヒーロー。

オールマイトが引退後はナンバー1ヒーローとして活動しているエンデヴァー。

 

オールマイトを追い抜くことを目標にヒーロー活動しており20歳という若さでナンバー2になることはできたが、オールマイトとの圧倒的差を感じたことで自分ではなく

息子たちにナンバー1になってほしいという夢から強力な個性が得られる個性婚に手を出す。

そういう経緯からか家庭関係は崩壊しており父、轟炎司として息子たちからは誰にも尊敬されていない。

 

ただ戦闘能力はナンバー1と言わざるを得ないほどであり

一年生のデク、かっちゃん、焦凍が追い付けないほどのスピードで事件を解決したり

ホークスと共に戦ったハイエンド型の脳無に最大火力のプルスウルトラプロミネンスバーンで勝利するなどの活躍を見せている。

 

ナンバー1になったことで自然と出番も増えて死柄木とのバトルではメインの攻撃役をしていた。

 

4位 ハイエンド脳無


個性:筋肉増強、超再生、肩部ジェット機構、変容する腕、格納

 

ドクターの傑作である最上位(ハイエンド)脳無。

元々は地下格闘場のファイターであり改造を施された結果複数の個性を持つ。

素のパワーも人間の十倍以上のパワーで一定以上の知能を持つため戦闘頭脳が高い。

 

少しのダメージはすぐに回復してしまうためその体力差により徐々に

エンデヴァーを追い詰めることに成功したがホークスに弱点を見抜かれてしまい最大火力のプルスウルトラプロミネンスバーンを弱点の頭部に受けてしまったことで撃破されてしまった。

 

ハイエンドは複数体いるがこのフードをかぶったハイエンドが一番強い個性を持っていると思われるのでこの順位としました。

 

 

5位 ホークス

個性:剛翼

 

ナンバー2プロヒーロー。

疾すぎるヒーローとして事件解決や戦闘方法などがあまりに早いことで有名。事件が起きる前の段階で不穏分子を摘んでいたりするなど早さだけで言えばエンデヴァーよりも早い。

 

羽根の一枚一枚を自由自在に操ることが可能であり、羽根一枚だけでも人間一人を運べるほどのパワーを持つ。

翼で飛ぶだけでなく倒壊するビルから一瞬で76人を救出する瞬発力と一枚一枚を別々にコントロールする精密性、羽から伝わる振動から周囲の状況を見ていなくとも感じ取れる感知能力

そして羽が抜け落ちて使えなくなっても数日すれば元通りになる回復力とめちゃくちゃ便利な個性を持っている。

 

戦闘シーンはエンデヴァーと共にハイエンドを撃破したり、ヒロアカでも最強クラスの個性をもつトゥワイスを一瞬にして制圧などしている。

 

6位 ベストジーニスト

個性:ファイバーマスター

 

ナンバー3ヒーロー。

何事もビッチリこなすタイプであり事件解決だけでなく髪型もビッチリさせる。

爆豪をビッチリ性格矯正させるために職場体験に呼んだが性格だけでなく髪型も矯正できず悔やんでいた。

 

個性のファイバーマスターはありとあらゆる繊維を操る個性。

犯人が服をきてさえいればそれはベストジーニストの攻撃範囲内でありすぐに拘束されてしまう。

ファイバーでの拘束はギガントマキアをも捕まえるほどの拘束力であるため物理攻撃が通じるヴィランは基本つかまってしまう。

 

デニムが一番好きらしくデニム繊維を操ることが得意、逆にスウェット系は苦手。

 

 

7位 通形ミリオ


個性:透過

 

雄英高校のトップ「ビッグ3」の一人でありプロアマ含めてナンバー1に最も近い男と言われるミリオ。

 

個性「透過」により体の一部から全身までを透明にすることによって完全無敵となることができる能力。

コントロールが難しく操作を間違えば体が真っ二つになる個性でありミリオの父はその難しさからヒーローをあきらめてしまったがミリオは完全にコントロールしているため無敵に近い能力を得ている。

 

敵の攻撃を完全にシャットダウンするだけでなくワープなども可能。

戦闘面としてはA組一年生全員と同時に戦って全員に腹パンを決めるという大人気ない一面があったり

死穢八斎會の治崎たちを一方的にボコるくらいの実力がある。

 

根っからのヒーローであるがゆえに壊理(エリ)ちゃんを守るために代わりに個性を消す弾丸を受けてしまい

無個性となっていたがエリちゃんが自分の個性をコントロールできたことにより復活した。

 

8位 デク

個性:ワンフォーオール

 

主人公のデク。

最強ヒーローオールマイトから受け継いだワンフォーオールを瞬間ではあるが怪我しないラインで45%まで引き出すことが可能。

 

他にワンフォーオールが覚醒したためか歴代のワンフォーオール継承者の6人の個性も使えることが可能であり「黒鞭」「浮遊」「危険感知」が現在使えることが判明している。

死柄木とのバトルでは崩壊が地面を伝ってくるために「浮遊」で浮いて「黒鞭」で他のヒーローを救出するという器用な技を見せたり腕が壊れるのが前提であるがオールマイトと同じ100%の力を連発できるようにはなっている。

 

100%の力ならば超再生する死柄木を数分止めることが可能。

 

9位 ミルコ

「こちとらいつ死んでも後悔ないよう 毎日位置死ぬ気で息してる!」

個性:ウサギ

 

ヒーローランキング№5のミルコ。

見た目はウサギの耳がついているバニーガールであるが口調や戦闘スタイルは完全にパワー系。

元ネタは総合格闘家のミルコ・クロップからであり個性のウサギはウサギができるようなことを

ウサギ以上にできる個性。

 

戦闘スタイルは近接技が多く、ウサギの個性により強烈な格闘技の技を繰り出す。

複数のハイエンドに囲まれるも一人で翻弄し倒せはしなかったものの死柄木の完全体を途中で阻止するという活躍を見せた。

 

10位 荼毘

個性:青い炎(名称不明)

 

ヴィラン連合の荼毘。

その正体は轟燈矢でありエンデヴァーの息子かつ轟焦凍の兄。

デクと同じように自身の個性が強すぎるがゆえにコントロールができず長時間個性を使用してしまうと自分の皮膚にダメージを受けてしまう。

しかしそれゆえに火力が非常に高く、単純な温度だけで言えばエンデヴァーよりも上。

 

そのため短期決戦には非常に強く

ホークスの翼を一瞬で全て焼き焦がして無力化させたり炎の撃ち合いでは焦凍に勝利するなどしている。

技もエンデヴァーと同じく「赫灼熱拳」や「プロミネンスバーン」などが使用可能。

 

 

スポンサーリンク

殿堂入りの引退勢

オールマイト

「私が来た!!」

個性:ワンフォーオール

 

平和の象徴と呼ばれる最強ヒーロー。

デクにワンフォーオールを譲渡してしまったことで引退することになってしまったが全盛期はまさに規格外。

 

物理攻撃が効かないヴィラン相手にも衝撃波で吹っ飛ばすなどデクの100%を常時発動できたキャラクターであるため彼に敵う者はいない。

神野でのAFOとの戦いではオールマイトに残った最後のワンフォーオールを使ってAFOに勝利している。

 

オールマイトはワンフォーオールの残りカスで戦っていたが後にAFOも全力ではなく

本来の個性であるオールフォーワンをコピーしてオリジナルはすでにドクターに渡しておりコピーの個性を使って戦っていたことが発覚。

 

もし全盛期のオールマイトがいたのであれば75%死柄木弔であれば超再生の個性持ちでもデクの攻撃でダメージを上回っていたことからおそらくオールマイトが勝利しているのではないかと思われる。

 

オール・フォー・ワン

個性:「オール・フォー・ワン」

個性を奪うことができる個性の持ち主であり奪った個性を自由に使ったり他者に付与できたりが可能。

悪の帝王ということで裏社会に君臨しており何世代にもわたって生きてきたが寿命を延ばすタイプの個性により無理やり生きてきた。

 

登場時から生命維持装置を付けなければならない満身創痍状態のキャラクターであり目も見えないため個性の赤外線を感じる個性により周囲を把握。

とはいえ町一つを破壊できる力を持ち、ヒーローたちを追い詰めるほどの実力を持っていた。

 

神野での戦いではオールマイトの渾身の一撃であるユナイテッドステイツオブスマッシュを喰らって敗北。

 

神野での戦いでは死柄木に自身の個性を渡すためにすでにコピーの個性を使っていたことが判明。

もしオリジナルを使用していた場合は3位に入りそうな実力。