【呪術廻戦】女子よりも女子!かわいい男の綺羅羅(きらら)の能力などを紹介!

週刊少年ジャンプで連載中の【呪術廻戦】。

呪術高専の三年生であり実力者の秤金次と共に行動している綺羅羅(きらら)。死滅回遊編にて登場し秤金次の協力を得ようと近づいてきた伏黒、パンダを怪しみ足止めしようとしてきたかわいいキャラクターですよね。

今回はそんな綺羅羅(きらら)のかわいい部分や術式の能力について紹介してみました。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】女子よりも女子!綺羅羅(きらら)

所属 東京都立呪術高専高等学校三年生

年齢 17歳

本名 星 綺羅羅

 

偽夏油であるけんじゃくの目的を阻止するため、伏黒恵の姉であるつきみを助けるために虎杖たちはけんじゃくが始めたデスゲーム死滅回遊に参戦。

 

五条悟が封印されたことでとにかく人手が足りないということで伏黒恵は停学中である三年生の秤金次(はかりきんじ)の助けを得るために秤が拠点にしていた賭博場までやってきた。

 

しかし秤は停学中であり虎杖たちは高専の人。さらに秤は呪術規定も破っているため秤から見た虎杖たちは警察のようなもの。

そのため高専関係者とは会いたくもない秤をあわせないようにと伏黒、パンダを邪魔するために登場したのが星綺羅羅なのだ!

 

女子よりも女子!かわいい男のきらら

性別はなんと男の娘!

星綺羅羅(ほしきらら)は呪術廻戦の登場キャラクターの中では珍しく女子っぽい性格としっかりと女の子っぽい見た目をしているキャラ!

呪術廻戦の女性キャラクターと言えば1年生の釘崎だったり2年の真希さんだったりが中心に見た目は女性であるが性格がめちゃくちゃ男らしいキャラクターが多い。

 

その中でもきららはかなり珍しくちゃんとした女性っぽい性格&見た目をしているかわいいキャラクター。

だがパンダ曰く「男だよ」との事。

 

きららは秤金次の恋人(?)

きららは秤と同じく呪術高専の三年生であり停学となった秤と行動している。

きらら自身停学であるかは不明。おそらく高専には出席している様子はなく協会の上と揉めたという経歴と秤の呪力を使っての賭博に協力していることから秤と同じく停学中だと思われる。

なのできららも同じく見た目通りまあ不良娘(息子)。

 

秤との会話や距離感を見ている感じ完全に秤の女(男)ポジションであり恋人関係。

 

虎杖たちがやってきたことについて秤は「ザワつく」と表現し「元カノがリボ払いしまくってた時以来」と比喩しており

このコメントに対して「元カノの話やめて」と言っているため一応秤の事は彼氏として見ている。

 

このシーンはきららだけでなく秤の元カノがヤバかったために次は女性ではなく男性を恋人としている秤も結構なキャラクターだということがわかるシーンなのです!

 

ほぼ女性!でかわいいきらら

男性ではあるきららですが女性っぽい部分が多いです。その部分をまとめてみました。

 

・名前を「ちゃん」付けする

きららは人の名前を呼ぶ時は「パンダちゃん」「悠ちゃん」というように「ちゃん」付けしている。

秤の事は「金ちゃん」と呼んでいる。

 

ちなみに自分の事は「私」と呼ぶ。

 

・かわいいリアクション

渋谷を中心に各地で起きている呪術のテロ事件。

この事件を解決するために協力してほしいと頼んだ伏黒ですが「五条悟に頼めばいいじゃん」と一切聞く耳を持たないきらら。

 

私らに頼る意味が分かんない ってことは頼ってきたのは嘘で他に目的があるって考えるのが普通じゃない?

というきららに対して伏黒は

「五条先生は封印されました だから負けたんです」

というもきららのこのリアクション!

五条悟は最強という呪術界の共通認識だからこそ出るきららの全く信じていないリアクションなのだ!

 

・かわいいものが好き

きららが全く聞く耳を持たないために伏黒はきららを説得するために立ち回る。

きららの正体不明の術式を攻略するために式神のウサギの大群である「脱兎」を召喚。

この伏黒のウサギに対してちゃんとかわいいという女の子らしい反応をきららは見せています。

 

きららは女の子なのです!

 

スポンサーリンク

綺羅羅(きらら)の術式や能力は?

術式「星間飛行(ラヴランデヴー)

きららの術式。きららの好きなタイミングで解除可能。

実際にきららが触ることで物体に★を付けることができる。★が付くと能力が発動します。

 

1.近づくことができない能力

南十字座をモチーフとした術式であり5つの★を対象に呪力に割り振る。

Imai→Acrux→Mimosa→Ginan→Gacrux

の順番で経由しないと目的地にたどり着けない。

 

初登場では秤がいる扉にGacruxと設定したのできららの術式の能力がわからなければ永遠にたどり着くことができないという状況だった。

 

この辿り着くことができない状況について伏黒は五条悟の無下限の術式に似ていると評価しています。

 

2.引き寄せる能力

★は5種類つけることが可能であり、おそらくですが最大5つまでしか★を付けることができない。

同じ名前の★を別々の物体に着けると星の引力のように物体どおしが引き寄せあう。

 

きららはこれを利用してパンダに攻撃するためにパンダに付けた星と同じ名前の星を自動車につけることで自動車を武器として利用しています。